Site Loader

LOCATION

Rock Street, San Francisco

CDも長く使用していれば、キズが付くことなどもあるでしょう。このように不備がある場合には、買取できなくなってしまうのかというと、決してそうとばかりは言えません。業者によっては多少の不備であれば買取可能な場合もあるのです。

あまりにもキズが深い場合や、状態が劣悪の場合には買取できない場合が多いでしょう。
・キズはあるけど少ない
・キズが浅い
・ケースにのみ不備がある
このような場合には、業者にもよりますが、買取できる可能性もあるのです。1度情報収集をしてみるべきでしょう。

ケースのキズは売れることが多い

CDはあくまで中身が重要なので、ケースにキズがある場合などは、買取してもらえることもあるでしょう。もちろん業者によっても異なるので、買取不可能になる可能性も十分あります。どこの業者でも同じなのは、ケースであっても状態が悪い場合には、買取価格が下がるということです。

割れている場合などは、初めからケースが存在していない場合の価格で売ることになるでしょう。これでもCDさえきれいな状態なら、買取をしてくれる店は多くなっています。できればケースもきれいな状態で保管しておくことが望ましいでしょう。

CDにキズがある場合

ケースではなく、CD自体にキズがある場合には、買取できない店が多いと言えるでしょう。特に鏡面にキズが付いている場合には、再生したときにうまくいかない場合もあるのです。ラベル面にキズがある場合には、酷くない限りは買取をしてくれる業者が多くなっています。

ただし、買取価格はケースにキズが付いているときよりもさらに落ちると考えておくべきでしょう。古い場合やあまり人気のないアーティストのCDだった場合には、キズがあるだけで買取できなくなることも珍しくはありません。

関連する記事

Post Author: sooriyanfmonline